kotlin入門 26 【 復習問題 】

※ もしよろしければチャンネル登録してお待ちください。

https://kotlinlang.org/ ← 公式サイトを開いてください。

今回は今までの総復習を行います。

カンニングOKです。

分からない箇所があっても、慌てず、今までの動画を復習してください。

復習問題 1

以下のプログラムの???を修正して、変数を利用してください。

【 修正前 】
fun main() {
    var p:??? = 100 // リンゴの価格
    var m:??? = "りんご"
    println( "おじさんは${???}を${???}円で買いました。" )
}

復習問題 2

以下のプログラムの???を修正して、IFを利用してください。

・所持金が100円以上ならリンゴが買えて

・所持金が100円未満の場合はリンゴは買えません。

【 修正前 】
fun main() {
    var m:Int = 500 // 所持金
    var p:Int = 100 // リンゴの価格
    if( ??? ){
        println( "おじさんはりんごを${p}円で買いました。" )
    } else {
        println( "おじさんはりんごを買えませんでした。" )
    }
}

復習問題 3

以下の???を修正し、1~1000以内の乱数を表示させてください。

【 修正前 】
fun main() {
    var x:Int = ???	// 乱数
    println( x )
}

復習問題 4

以下の???を修正し、プログラムを完成させてください。

※ 乱数が 500以上の時には「500以上」と表示させる。

※ 乱数が500未満の時には「500未満」と表示させる。

【 修正前 】
fun main() {
    var x:Int = (1..1000).random()	// 乱数
    if( ??? ){
        println("500以上")
    } ??? {
        println("500未満")
    }
}

復習問題 5

【 修正前 】
fun main() {
    for( i in ??? ){
        println( "勇者は${ ??? }回攻撃した!")
    }
}

復習問題 6

【 修正前 】
fun main() {
    var arr = arrayOf( "勇者",???,??? )
    for( i in arr ){
        println( "${ ??? }は攻撃した!")
    }
}

復習問題 7

【 修正前 】
fun main() {
    ???
    ???
}
fun attack(){
    println("魔法使いは攻撃した!")
    println("モンスターに50のダメージ")
}
fun defense(){
    println("モンスターの攻撃")
    println("魔法使いは耐えた!")
}

まとめ

・今回は今までの総復習を行いました。

・初回は分からなくても、何度かチャレンジすると、理解が深まり解けるようになると思います。

・是非、何度も挑戦して、アレンジもできるよう目指してください。

終わりに

これでkotlin入門編は終了です。

最後までお付き合いありがとうございました。

一人でも多くの方が挫折せずに最後まで到達できることを願います。

 

中級編も考えているので、YouTubeの登録やいいねボタンを押してもらえると幸いです。