Android プログラミング【効果音の追加】 ~オブジェクト指向・予習編~

Android プログラミング【効果音の追加】 ~オブジェクト指向・予習編~

効果音の追加 768

アプリ作成

プログラムも分担

バックミュージック-指示通りに記載

プロジェクト、カンパニードメイン、パッケージネームを同じにするとコピペエラーが減ります。

Application name Test
Company Domain test.com
Package name com.test.test

オブジェクト指向 新規プロジェクト

  1. mp3ファイルの準備
  2. javaファイルの準備
  3. activity_main.xmlの編集
  4. MainActivity.javaの編集

以下のファイルとmp3を用意して、指定の場所に保存してください。
※ 慣れてない方はファイル名、フォルダ名を同じにしてください。

声素材
JavaファイルのDL

効果音-ファイル構成

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/activity_main"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    android:padding="24dp"
    tools:context="com.test.test.MainActivity">

    <Button
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:onClick="onA"
        android:text="a" />

    <Button
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:onClick="onB"
        android:text="b" />
    
</LinearLayout>
package com.test.test;

import android.os.Bundle;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.view.View;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    MySound mySound = new MySound();    // ① 準備

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        // ② 効果音の準備
        int[] mp3s = {
                R.raw.mp3a,
                R.raw.mp3b,
        };
        mySound.onCreate(this,mp3s); // ③ 初期化
    }


    public void onA(View v){
        mySound.onPlay(0);  // ④ 再生
    }

    public void onB(View v){
        mySound.onPlay(1);  // ④ 再生
    }

    @Override
    protected void onDestroy() {
        super.onDestroy();
        mySound.onDestroy();    // ⑤ 終了
    }

}

バックミュージック-ポイント

Android プログラミング【 ListView ② 】 ~クリック処理~

Android プログラミング【 ListView ② 】 ~クリック処理~ 2768

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/activity_main"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:paddingBottom="@dimen/activity_vertical_margin"
    android:paddingLeft="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingRight="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingTop="@dimen/activity_vertical_margin"
    tools:context="com.test.testlistview.MainActivity">

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent">
        
    </ListView>
    
</RelativeLayout>
package com.test.testlistview;

import android.os.Bundle;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;


public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    // 表示する文字列  ///////////////////
    String[] strings = {
            "北海道",
            "青森県",
            "岩手県",
            "宮城県",
            "秋田県",
            "山形県",
            "福島県",
            "茨城県",
            "栃木県",
            "群馬県",
            "埼玉県",
            "千葉県",
            "東京都",
            "神奈川県",
            "新潟県",
            "富山県",
            "石川県",
            "福井県",
            "山梨県",
            "長野県",
            "岐阜県",
            "静岡県",
            "愛知県",
            "三重県",
            "滋賀県",
            "京都府",
            "大阪府",
            "兵庫県",
            "奈良県",
            "和歌山県",
            "鳥取県",
            "島根県",
            "岡山県",
            "広島県",
            "山口県",
            "徳島県",
            "香川県",
            "愛媛県",
            "高知県",
            "福岡県",
            "佐賀県",
            "長崎県",
            "熊本県",
            "大分県",
            "宮崎県",
            "鹿児島県",
            "沖縄県",
    };

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        // リストの作成   //////////////////
        ArrayAdapter adapter = new ArrayAdapter(
                this,
                android.R.layout.simple_list_item_1,
                strings);

        // リストの表示   //////////////////
        ((ListView) findViewById(R.id.listView)).setAdapter(adapter);

        // クリック処理   //////////////////
        ((ListView) findViewById(R.id.listView)).setOnItemClickListener(

                new AdapterView.OnItemClickListener() {
                    @Override
                    public void onItemClick(AdapterView parent, View view, int position, long id) {
                        Toast.makeText(MainActivity.this ,strings[position],Toast.LENGTH_SHORT).show();
                    }
                }

        );

    }
}

Android プログラミング【 ListView ① 】 ~リストの表示~

Android プログラミング【 ListView ① 】 ~リストの表示~ 768

アプリ開発初心者用の学習動画です。
この動画はListView (リストビュー)を使ったリストの表示です。

プロジェクト、カンパニードメイン、パッケージネームを同じにするとコピペエラーが減ります。

Application name TestListview
Company Domain test.com
Package name com.test.testlistview

リストビュー 新規作成

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/activity_main"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:paddingBottom="@dimen/activity_vertical_margin"
    android:paddingLeft="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingRight="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingTop="@dimen/activity_vertical_margin"
    tools:context="com.test.testlistview.MainActivity">

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent">
        
    </ListView>
    
</RelativeLayout>
package com.test.testlistview;

import android.os.Bundle;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    // 表示する文字列  ///////////////////
    String[] strings = {
            "北海道",
            "青森県",
            "岩手県",
            "宮城県",
            "秋田県",
            "山形県",
            "福島県",
            "茨城県",
            "栃木県",
            "群馬県",
            "埼玉県",
            "千葉県",
            "東京都",
            "神奈川県",
            "新潟県",
            "富山県",
            "石川県",
            "福井県",
            "山梨県",
            "長野県",
            "岐阜県",
            "静岡県",
            "愛知県",
            "三重県",
            "滋賀県",
            "京都府",
            "大阪府",
            "兵庫県",
            "奈良県",
            "和歌山県",
            "鳥取県",
            "島根県",
            "岡山県",
            "広島県",
            "山口県",
            "徳島県",
            "香川県",
            "愛媛県",
            "高知県",
            "福岡県",
            "佐賀県",
            "長崎県",
            "熊本県",
            "大分県",
            "宮崎県",
            "鹿児島県",
            "沖縄県",
    };

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        // リストの作成   //////////////////
        ArrayAdapter adapter = new ArrayAdapter(
                this,
                android.R.layout.simple_list_item_1,
                strings);

        // リストの表示   //////////////////
        ((ListView) findViewById(R.id.listView)).setAdapter(adapter);

    }
}

封筒のように、文字やデザインを「まとめてつなぐ物」でOKです。

封筒にまとめる

Adapterにまとめる

Android プログラミング【 縦横レイアウトの切り替え 】

Android プログラミング【 縦横レイアウトの切り替え 】 768

スマートフォンを縦向き、横向きにレイアウトを対応させます。
ここでは、「縦向き専用の画像」「横向き専用の画像」を表示させています。

プロジェクト、カンパニードメイン、パッケージネームを同じにするとコピペエラーが減ります。

Application name Screen
Company Domain test.com
Package name com.test.screen

縦向き
横向き
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/activity_main"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.test.screen.MainActivity">

    <ImageView
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        android:scaleType="fitXY"
        android:src="@drawable/back_normal" />
    
</RelativeLayout>
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/activity_main"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.test.screen.MainActivity">

    <ImageView
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        android:scaleType="fitXY"
        android:src="@drawable/back_land" />
</RelativeLayout>

ポイントは「横向き用のフォルダとファイル」を用意するだけです。

Android プログラミング【バックミュージックの追加】 ~オブジェクト指向・予習編~

Android プログラミング【バックミュージックの追加】 ~オブジェクト指向・予習編~

バックミュージックの追加① ~オブジェクト指向・予習編~ 768

続編・Android プログラミング【バックミュージックの追加 ② 】 ~オブジェクト指向・予習編~

この動画は「オブジェクト指向でアプリを組める!」を目指す学習動画です。

オブジェクト指向自体は簡単で大したことではありません。

しかし、それなりの慣れや経験が無いと意味不明です。
つまり「頭で理解するのは難しいが、慣れるのは簡単」だと思ってます。

まずは深く考えずに「予習」をしてみたいと思います。

アプリ作成

プログラムも分担

プロジェクト、カンパニードメイン、パッケージネームを同じにするとコピペエラーが減ります。

Application name Test
Company Domain test.com
Package name com.test.test

オブジェクト指向 新規プロジェクト

  1. mp3ファイルの準備
  2. javaファイルの準備
  3. MainActivity.javaの編集

以下のファイルとmp3を用意して、指定の場所に保存してください。
※ 慣れてない方はファイル名、フォルダ名を同じにしてください。

・音楽素材 MusMus様
JavaファイルのDL

オブジェクト指向-ファイル保存2

バックミュージック-指示通りに記載

package com.test.test;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    MyMedia myMedia = new MyMedia();    // ① 準備

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        myMedia.onCreate( this,R.raw.main); // ②読込
    }

    @Override
    protected void onResume() {
        super.onResume();
        myMedia.onResume(); // ③再生
    }
    @Override
    protected void onPause() {
        super.onPause();
        myMedia.onPause(); // ④ 一時停止
    }

    @Override
    protected void onDestroy() {
        super.onDestroy();
        myMedia.onDestroy(); // ⑤ 終了
    }
}

バックミュージック-ポイント

Android プログラミング【 タップでアニメ 】~ 配列の利用 ~

Android プログラミング【 タップでアニメ 】~ 配列の利用 ~

Android 開発 タップアニメ 768

画像をタップすることで、画像を切り替えて「パラパラアニメを表現」するアプリですが
配列を勉強することが目的の動画です。

この動画が難しいと感じた方は 「RPGで学ぶ」をご覧ください。

プロジェクト、カンパニードメイン、パッケージネームを同じにするとコピペエラーが減ります。

Application name TapAnime
Company Domain test.com
Package name com.test.tapanime
タップアニメ 新規プロジェクト

* 注意 *
・画像をご自身で要するにはファイル名やファイルサイズ、拡張子に注意する必要があります。
・ファイル名は半角小文字の英数(a~z 0~9)とアンダーバー( _ )のみで、最初の1文字目は半角英字( a ~ z)のみです。
・慣れてない方はサンプル画像の使用をオススメします。

p00
p01
p02
p03
p04
p05
p06
p07
p08
p09
p10
p11
p12
p13
p14
p15

画像を保存

activity_main_xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/activity_main"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:paddingBottom="@dimen/activity_vertical_margin"
    android:paddingLeft="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingRight="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingTop="@dimen/activity_vertical_margin"
    tools:context="com.test.tapanime.MainActivity">

    <ImageView
        android:id="@+id/iv"
        android:onClick="onImage"
        android:layout_centerInParent="true"
        android:src="@drawable/p00"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content" />

</RelativeLayout>

package com.test.tapanime;

import android.os.Bundle;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.view.View;
import android.widget.ImageView;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
    }

    public void onImage(View v){
        ((ImageView)findViewById(R.id.iv)).setImageResource(R.drawable.p01);
    }

}

配列図解2

package com.test.tapanime;

import android.os.Bundle;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.view.View;
import android.widget.ImageView;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    int[] img = {
            R.drawable.p01,
            R.drawable.p02,
            R.drawable.p03,
            R.drawable.p04,
            R.drawable.p05,
            R.drawable.p06,
            R.drawable.p07,
            R.drawable.p08,
            R.drawable.p09,
            R.drawable.p10,
            R.drawable.p11,
            R.drawable.p12,
            R.drawable.p13,
            R.drawable.p14,
            R.drawable.p15,
    };

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
    }

    public void onImage(View v){
        ((ImageView)findViewById(R.id.iv)).setImageResource(img[2]);
    }

}
package com.test.tapanime;

import android.os.Bundle;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.view.View;
import android.widget.ImageView;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    int[] img = {
            R.drawable.p01,
            R.drawable.p02,
            R.drawable.p03,
            R.drawable.p04,
            R.drawable.p05,
            R.drawable.p06,
            R.drawable.p07,
            R.drawable.p08,
            R.drawable.p09,
            R.drawable.p10,
            R.drawable.p11,
            R.drawable.p12,
            R.drawable.p13,
            R.drawable.p14,
            R.drawable.p15,
    };
    int count = -1;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
    }

    public void onImage(View v){
        count++;
        if( count >= 15 ) {
            count = 0;
        }
        ((ImageView)findViewById(R.id.iv)).setImageResource(img[count]);
    }

}

挫折しないコツ? ~学習がしんどいとき~

Android 開発 挫折しないコツ? 768

プログラム学習がしんどくないですか?
聞き慣れない専門用語の多さに挫折しそうになった経験は無いでしょうか?

僕はしょっちゅう挫折しそうになります。

特に初歩の段階、一人で学習している・・・そんな時は挫折の危険がてんこ盛りだと思います。
右も左も分からないけど「専門用語の雨あられ」ですからね・・・汗

そんな苦しいときの参考になれば・・・と、僕個人的な「学習のコツ」です。
あくまでもコツの一つですが参考になれば幸いです。

※ この動画だけで「学習が楽々になる!」ものではありません。
対応できない場合も多々ありますので、参考程度にしてください。

00 自転車の練習

00a 自転車の説明

Android プログラミング【 タマゴアプリⅡ 】~ タップで誕生? ~

Android プログラミング【 タマゴアプリⅡ 】~ タップで誕生? ~

Android 入門 タマゴアプリ768

「タマゴをタップするとキャラクターが誕生する」アプリを作成します。
プログラムではIFと変数を使用しますので、難しく感じた方は 「RPGで学ぶ」 をご覧ください。

プロジェクト、カンパニードメイン、パッケージネームを同じにするとコピペエラーが減ります。

Application name EggGame
Company Domain test.com
Package name com.test.egggame

* 注意 *
・画像をご自身で要するにはファイル名やファイルサイズ、拡張子に注意する必要があります。
・ファイル名は半角小文字の英数(a~z 0~9)とアンダーバー( _ )のみで、最初の1文字目は半角英字( a ~ z)のみです。
・慣れてない方はサンプル画像の使用をオススメします。

egg0
egg1
サンプルアプリ タマゴアプリ
egg2
サンプルアプリ タマゴアプリ
egg3
egga
eggb
eggc
eggd
egge
サンプルアプリ 背景画像
背景画像
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/activity_main"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.test.egggame.MainActivity">

    <ImageView
        android:scaleType="centerCrop"
        android:src="@drawable/back"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent" />

    <ImageView
        android:id="@+id/egg"
        android:onClick="onEgg"
        android:layout_alignParentBottom="true"
        android:layout_centerHorizontal="true"
        android:src="@drawable/egg0"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content" />

</RelativeLayout>
package com.test.egggame;

import android.os.Bundle;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.view.View;
import android.widget.ImageView;

import java.util.Random;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    // 準備
    int count;
    int answer;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        // 初期化
        count = 0;
        answer = new Random().nextInt(5);
    }

    // 画像をタップ
    public void onEgg( View v){
        count++;
        if( count >2 ) {
            ((ImageView)findViewById(R.id.egg)).setImageResource(R.drawable.egg1);
        }
        if( count >4 ) {
            ((ImageView)findViewById(R.id.egg)).setImageResource(R.drawable.egg2);
        }
        if( count > 6 ) {
            ((ImageView)findViewById(R.id.egg)).setImageResource(R.drawable.egg3);
        }
        if( count > 8 ) {
            if( answer == 0 ) {
                ((ImageView)findViewById(R.id.egg)).setImageResource(R.drawable.egga);
            }
            if( answer == 1 ) {
                ((ImageView)findViewById(R.id.egg)).setImageResource(R.drawable.eggb);
            }
            if( answer == 2 ) {
                ((ImageView)findViewById(R.id.egg)).setImageResource(R.drawable.eggc);
            }
            if( answer == 3 ) {
                ((ImageView)findViewById(R.id.egg)).setImageResource(R.drawable.eggd);
            }
            if( answer == 4 ) {
                ((ImageView)findViewById(R.id.egg)).setImageResource(R.drawable.egge);
            }
        }
    }
}

Android プログラミング【 カウントダウンタイマー④ 】~ 改正版 ~

Android プログラミング【 カウントダウンタイマー④ 】~ 改正版 ~768
カウントダウンタイマーを利用した「アプリサンプル」です。
パズルや脳トレアプリをイメージして、タイトル画面→プレイ画面→終了画面 の流れを作成します。

【 注意事項 】
この動画にはシリーズ物です以下から順にご覧ください。

カウントダウンタイマー① 10秒で終了
カウントダウンタイマー② 画面切り替え
カウントダウンタイマー③ 画面再表示
カウントダウンタイマー④ 改正版

タイマーアプリ 画面の流れ

プロジェクト、カンパニードメイン、パッケージネームを同じにするとコピペエラーが減ります。

Application name TestGame
Company Domain test.com
Package name com.test.testgame

カウントダウンタイマー新規作成

カウントダウンタイマー ファイル構成

カウントダウンタイマー-タイトル画面

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/activity_main"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:paddingBottom="@dimen/activity_vertical_margin"
    android:paddingLeft="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingRight="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingTop="@dimen/activity_vertical_margin"
    tools:context="com.test.testgame.MainActivity">

    <Button
        android:onClick="onStart"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_centerInParent="true"
        android:text="start"
        android:textSize="30sp" />

</RelativeLayout>

カウントダウンタイマー-プレイ画面

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/activity_play"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:paddingBottom="@dimen/activity_vertical_margin"
    android:paddingLeft="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingRight="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingTop="@dimen/activity_vertical_margin"
    tools:context="com.test.testgame.PlayActivity">

    <TextView
        android:id="@+id/tv"
        android:layout_alignParentRight="true"
        android:text="あと10秒"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content" />

</RelativeLayout>

カウントダウンタイマー リザルト画面

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/activity_result"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:paddingBottom="@dimen/activity_vertical_margin"
    android:paddingLeft="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingRight="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingTop="@dimen/activity_vertical_margin"
    tools:context="com.test.testgame.ResultActivity">

    <TextView
        android:layout_centerHorizontal="true"
        android:textSize="40sp"
        android:text="ゲームオーバー"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content" />

</RelativeLayout>
package com.test.testgame;

import android.content.Intent;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
    }
    

    // STRATボタンクリック
    public void onStart( View v){
        // 画面切り替え
        Intent intent = new Intent(this,PlayActivity.class); 
        startActivity(intent);
    }
}
package com.test.testgame;

import android.content.Intent;
import android.os.CountDownTimer;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.TextView;

public class PlayActivity extends AppCompatActivity {

    CountDownTimer countDownTimer;  // タイマー本体
    long time = 10000;              // タイマー終了時間

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_play);
    }

    // 画面再表示に実行 //////////////////////////////////
    @Override
    protected void onResume() {
        super.onResume();
        countDownTimer = new CountDownTimer(time, 100) {
            @Override
            public void onTick(long millisUntilFinished) {
                // 0.1秒毎にTextView更新
                time = millisUntilFinished;
                int t = (int) millisUntilFinished / 1000;
                ((TextView) findViewById(R.id.tv)).setText("あと" + t + "秒");
            }

            @Override
            public void onFinish() {
                // 画面を切り替え
                Intent intent = new Intent(PlayActivity.this, ResultActivity.class);
                startActivity(intent);
                // PlayActivity終了
                finish();
            }
        }.start();
    }

    // 画面非表示に実行 ////////////////////////////////
    @Override
    protected void onPause() {
        super.onPause();
        countDownTimer.cancel();
        countDownTimer = null;
    }
}
package com.test.testgame;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;

public class ResultActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_result);
    }
}

Android プログラミング【 効果音 】~ ボタンで再生 ~

Android 開発 効果音 768

効果音(10秒以内の短い音)を鳴らす動画です。
途中難易度の高いところもありますが、結論「音を鳴らす」だけならコピペでけっこう行けます。

再生の流れ

プロジェクト、カンパニードメイン、パッケージネームを同じにするとコピペエラーが減ります。

Application name TestSound
Company Domain test.com
Package name com.test.testsound

Android 開発 効果音 新規

効果音を素材サイトからダウンロードします。
効果音ラボ

効果音をAndroid Studioに組み込みます。
Android 開発 効果音 効果音の保存2

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/activity_main"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:paddingBottom="@dimen/activity_vertical_margin"
    android:paddingLeft="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingRight="@dimen/activity_horizontal_margin"
    android:paddingTop="@dimen/activity_vertical_margin"
    android:orientation="vertical"
    tools:context="com.test.testsound.MainActivity">

    <Button
        android:onClick="onA"
        android:text="a"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content" />

    <Button
        android:onClick="onB"
        android:text="b"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content" />
</LinearLayout>
package com.test.testsound;

import android.media.AudioAttributes;
import android.media.AudioManager;
import android.media.SoundPool;
import android.os.Build;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    // ① 準備(コンポを部屋に置く・コピペOK)
    SoundPool soundPool;    // 効果音を鳴らす本体(コンポ)
    int mp3a;          // 効果音データ(mp3)
    int mp3b;          // 効果音データ(mp3)


    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        // ② 初期化(電源を入れる・コピペOK)
        if (Build.VERSION.SDK_INT < Build.VERSION_CODES.LOLLIPOP) {
            soundPool = new SoundPool(5, AudioManager.STREAM_MUSIC, 0);
        } else {
            AudioAttributes attr = new AudioAttributes.Builder()
                    .setUsage(AudioAttributes.USAGE_MEDIA)
                    .setContentType(AudioAttributes.CONTENT_TYPE_MUSIC)
                    .build();
            soundPool = new SoundPool.Builder()
                    .setAudioAttributes(attr)
                    .setMaxStreams(5)
                    .build();
        }

        // ③ 読込処理(CDを入れる)
        mp3a = soundPool.load(this, R.raw.a, 1);
        mp3b = soundPool.load(this, R.raw.b, 1);
    }


    public void onA(View v){
        // ④ 再生処理(再生ボタン)
        soundPool.play(mp3a,1f , 1f, 0, 0, 1f);
    }

    public void onB(View v){
        // ④ 再生処理 (再生ボタン)
        soundPool.play(mp3b,1f , 1f, 0, 0, 1f);
    }
}

soundPool図解